飛田新地で生本番は可能か?

飛田新地はちょっと裏風俗的な香りが漂うちょんの間なので交渉次第では生本番が可能なんじゃないかと思っていました。
で、自分はそれを検証してみるために1カ月に3回も20分で1万6千円を支払って飛田新地に飛び込んできました。

結果はもちろん「No」でした。
1カ月に3回も飛田に行った割には収穫はありませんでした。もちろんゴムありの本番はできます。
ただ、嬢に頼み込んでも生本番は絶対にダメということでした。

生本番(コンドームなしのセックス)はなぜできないのか?

普通の風俗では、本番行為はまずコースに無く、そもそも犯罪になっています。なので基本的には行われず、あっても女性と男性側が秘密裏に行う行為になります。

しかし飛田新地は本番行為が合法的に行えるので、男性客にとって人気になっています。しかし本番行為は出来ても、基本的にはコンドーム着用のセックスになります。これは女性側の妊娠や性病対策でしょう。

しかし中には生本番をさせてくれる女性もいるのではないかと思う人もいるでしょう。
しかし青春通りなどの可愛く、若い女性ではまず生本番は無いことでしょう。

青春通りのお店は、必ずと行っていいほど、コンドームの着用を義務付けています。もし可愛い女性が性病などで欠勤にでもなってしまえば、お店側にも損になります。しかし妖怪通りでは生本番できる女性もいるらしいです。

これは客引きのおばちゃんとの交渉のときに聞いてみましょう。もしOKなら、生本番しても大丈夫です。別に自由恋愛なのでコンドームをしようが、してなかろうが違法にはなりません。もし生本番希望であれば、妖怪通りに行くことをオススメします。

生本番(コンドームなしのセックス)をするリスク

さて飛田新地には生本番できる可能性があるといいましたが、生本番はあまりオススメしません。その理由は性病です。飛田新地で働く女性には1ヶ月で100万円以上稼ぐ女性がぞろぞろいます。これは人気のある証拠ですが、その分性行為もしているということになります。

不特定多数の男性と性行為をしているわけですから、その分性病に掛かるリスクも大きくなり、そんな女性とプレイする男性も性病のリスクがあるわけです。

コンドームを使用したセックスでも、性病のリスクは0%ではありません。

なのでコンドームなしで行為をするということは非常に性病のリスクが高まります。特に飛田新地では性病が蔓延しています。それでも生本番をしたいという方はしても良いですが、あまりオススメはできません。性病は風邪などとは違い時が経てば治るものではありません。一度掛かれば治療が必ず必要になります。

きっちりコンドームを着けて楽しんだほうが、何倍もプレイを楽しめると思います。