信太山新地の行き方、遊び方

→信太山(しのだやま)新地の場所と行き方

信太山新地というのは大阪の南に位置する場所にあり、南大阪の堺市や岸和田市などの近くにある色町になっています。

知名度も少なく、約40店舗くらいしかないそうで、あまり規模も大きくありません。

そして行き方ですが、JR阪和線の信太山駅が最寄りの駅となっています。

・電車の場合

JR阪和線信太山駅で降りましょう。
なかなかなローカル線になっていますので、交通の便はあまり良くありませんが、ここが一番近いです。

そして出口を出てそのまま直進すると、スーパー玉出という大阪では有名なスーパーがありそれを左に見て直進します。

そうするとすぐに大きな十字路がありますので、左に曲がり、そのまま直進。ファミリーマートが出てきて、あと2、3分歩けば信太山新地になります。

・車で行く場合

車で行く場合は、「市立北部福祉会館」という場所を目印にしましょう。信太山駅からも近いので、調べればすぐに分かります。

近くには駐車場もあり、目と鼻の先が信太山新地になっています。駐車場によっては、信太山新地でプレイした領収書を持っていくと安くなる場合もありますので、忘れないでおきましょう。

信太山(しのだやま)新地と他の新地との違い

大阪には有名な新地で、飛田新地という場所があります。

ここは可愛い女性が多いということで、とても有名になっていますが、信太山新地は規模の小ささから、なかなか知名度は上がりません。

しかし南大阪で新地といえば信太山新地ですので、和歌山県などの人には結構有名な場所になっています。

そして大阪には飛田新地の他にも、今里新地、滝井新地、松島新地などがあります。

そしてこの信太山新地に関しましては知名度はだいたい3番目くらいです。

電車の便が悪いというのも要因になっています。そして有名な飛田新地や松島新地とは異なる点が、料亭ではなく旅館ということです。

これによって多少システムが異なってきますので、ここは気をつけておきましょう。まず決定的に異なる点が、女性を選ぶシステムになります。

飛田新地などは、お店の前に女性が座っており、その中から気に入った女性を選び、客引きのおばちゃんと料金交渉するのですが、信太山新地に関しましては、女性を見て選ぶことができません。

客引きのおばちゃんに好みを伝え、その要望の中から、客引きのおばちゃんが、女性を提供してきます。なので普通の風俗店と同じように、出てくるまで、プレイする女性のルックス、スタイルを把握することができないのです。

それじゃあ普通の風俗に行く!という男性も多いかもしれません。だってメリットといえば、本番行為ができるだけですもんね。しかし信太山新地は本番はできるのは当たり前ですが、値段がとても安いのです。15分7500円と破格になっています。

7500円で女性と本番ができることを考えるととても安いですね。これらが他の新地との違いになります。

信太山新地で可愛い女性を見つけるには

信太山新地ではルックスを確認することが出来ないデメリットがありました。

しかし歴史ある新地ですから、昔からの情報があります。今ではインターネットの情報もありますので、可愛い女性がいるとされるお店は調べるとすぐに出てきます。

実際に行ってみると、そのお店にはたくさんの靴があり、予約待ちの男性客でいっぱいになっています。

なので可愛い、人気のある女性がいる店は、とても繁盛しているのです。事前に調べることが必須になりますので、ここは覚えておきましょう。

可愛い女性はだいたい飛田新地に流れます。なので女性の質というものは下がってきてしまいます。ふらっと行って変なお店に入ってしまうと、いくら15分75000円と言っても損してしまいますので注意しましょう。