松島新地の遊び方、飛田新地とどう違う?

→松山新地の行き方と場所

松島新地という存在を知っているでしょうか?松島新地は大阪の西区にある色街になっています。

この松島新地と言う場所はあまり知名度がなく、大阪の男性でもなかなか知っている人はいないです。
規模もあまり大きくないですし、風俗雑誌やインターネット上でもあまり情報がない状況です。

しかしこの松島新地の歴史は古く、今でも存在しているということは、それなりに人気がある証拠でしょう。
さて松島新地はいったいどうやっていけばいいのでしょうか?

電車の場合は中央線九条駅からの行き方と阪神なんば線九条駅からの2通りの行き方があります。

・中央線九条駅からの行き方

まず駅の6番出口から出ましょう。

そしてその出口から反対側に歩いて行き、最初の角を右に曲がれば到着です。

・阪神なんば線九条駅からの行き方

駅の一番出口を出て目の前にある多通りを進んでいきます。そうすると商店街がありますが、そのまままっすぐ進んでいくと、中央線九条駅
の出口があります。

その出口を過ぎて、最初の曲がり角を右に曲がると到着します。

・車で行く場合

車で行く場合は九条駅を目印にして、周辺の駐車場に車を止めることを勧めます。

松島新地は駅からとても近いところにあり、利便性はとてもいいです。
しかしあまり規模が大きくないので、見つけにくいかもしれません。

特に夜になってもあまり人がいないので、気づかない方もいるかもしれませんが、近くには「松島新地料理組合」の看板がありますので、見落とさないようにしましょう。

松島新地の遊び方と料金

松島新地での遊び方は、ほとんど飛田新地と同じようになっています。

まず気に入った女性を見つけるためにお店を見て回りましょう。
女性のルックスやスタイルを実際に見ることはできますが、仕切りみたいなものがあります。

だいたいウエストが見えるか見えないかくらいの感じで、プレイする女性を選ぶには十分な範囲が見れます。

そして見れる女性が1店舗1人だけではなく、複数の女性を物色できるお店もあり、時間効率がいいシステムになっています。気に入った女性が決まれば、お店にいる客引きのおばちゃんと値段交渉に入ります。

ここは飛田新地と同じですね。

ちなみに松島新地の基本料金は
20分1万円
30分1万5千円
40分2万円
50分2万5千円

となっています。

初めての場合は、おばちゃんには、「何分でプレイしたいのだが、いくらか?もう少し安くならないか?お店のルールは?プレイする女性がNGのプレイは?」などを聞いておきましょう。

もちろん本番行為ありのサービスになっており、お店の2階に案内されてプレイを開始することができます。

松島新地と飛田新地の違い

同じ大阪にある飛田新地と松島新地ですが、どこが違うのでしょうか?

まずは規模が違います。飛田新地は160〜200店舗くらいの料亭がありますが、松島新地は100店舗ほどになっています。

そして女性の質も飛田新地の方が可愛い女性が多いです。
もちろん松島新地でも可愛い女性はいますが、その人数は少なく、飛田新地でいう妖怪通りレベルより少し上くらいの女性が多いとされています。

そして飛田新地にはシャワーがほぼありませんが、松島新地にはシャワーを設置しているところが多々あます。さらに値段も飛田新地よりも安くなっているのが特徴的ですね。

プレイ時間も20分からになっています。しかしシャワーを浴びるのであれば、時間がなくなってしまいますので、できるだけ長い時間を
予約するのがいいのではないでしょうか。規模も小さいですので、飛田新地に比べて、男性客の数も少ないです。

ごみごみしたところが苦手な男性客には、松島新地はゆっくり女性を選ぶことができますので、オススメになっています。

可愛い子が多いことで飛田新地がとても有名になっており、なかなか表舞台には立てない松島新地ですが、魅力は十分ですので、
機会があれば是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

素人の女とやりたい場合は…。

松島新地の営業時間は夜12時まで。

過ぎてしまったら松島新地のみならず風俗店は営業していません。

こういう時にどうしても若くてかわいい女とやりたい場合、
デリヘルでも利用するしかありません。

そんな時にやれる女を探せるサイトがPCMAXです。

ここ、PCMAXなら夜中2時でも普通に割り切り目的で書き込みしてる子がいます。
深夜でも会うことができます。

近くの子を検索してみて、いい娘がいたら待ち合わせしてホテルでエッチという流れでいけます。

もしもホテルに泊まりならそこでエッチすることも可能ですよね。
我慢できないときは自分もよく利用しています。↓